FC2ブログ

喜界島2 『朝日酒造』訪問記

ホテル前まで迎えに来てくださったのは、
『朝日酒造 四代目 喜禎浩之』さんです。
島の造り酒屋さんというより、アーバンな研究者?といった印象。

御挨拶もそこそこに、「造りを止めているんです。蔵は今何もないんですよ…」
と、申し訳なさそうにおっしゃいます。
勿論、事前に休みに入っていることは伺っておりますのに…やはり島人のやさしさが。
「こちらこそ、お休みの日に御案内いただいて、申し訳ございません」

「ではまず仕込みをしている蔵を見ていただきます」
ということで、四代目の車に乗ること2分?いや1分?
仕込み蔵
『朝日酒造』さんの蔵に到着。

さて『黒糖焼酎』は、奄美群島のみで生産される焼酎で、
原料は「米」「水」そして「黒糖」。
簡単に造りの手順を簡単に御紹介しますと
①お米を洗って蒸して、麹菌を付けて米麹を造る→②一次仕込用タンクに「米麹」「水」「酵母」(混ぜた物が一次もろみ)を投入して「発酵」させる(一次仕込み)→③二次仕込用タンクに移し、黒糖を溶かして加え「発酵」させ二次もろみを造る(二次仕込み)→④二次もろみを単式蒸留機で蒸留し「原酒」になる→⑤原酒を貯蔵して「熟成」させる→⑥アルコール度を調整し瓶詰め出荷する

では「朝日酒造」さんの様子をご覧下さい。
その前に、工場の中は「下足厳禁」。サンダルに履き替えます。
(清酒の蔵を除き、焼酎蔵は皆下足のままだったような…きれいにしています)

お米が積んであります。
「国産うるち米」と「タイ米」を使い分けているそうです。
国産米は「滑らか」で「柔らかい」印象の酒になり、
タイ米は「シャープ」で「透き通った」イメージに仕上がるとのこと。
うるち米 洗米・蒸米 洗米・蒸米
お米は隣の、ドラムのような機械で「洗米」「蒸米」。
その後(写真はありませんが)三角お屋根の麹室(?機械)で麹菌がつけられ「米麹」となります。

「米麹」はこのタンクへ
仕込み蔵3
「水」と「酵母」が加えられ「発酵」。「一次もろみ」になります(一次仕込み)

さて、主役「黒糖」さんがいいよいよ登場。
黒糖液化
この「かまぼこ型」をしたスチーム器で焦がさぬように溶かされます。
他の蔵では「大きな鍋型」の物を見ましたが、「この方が全体を見渡せるので」とのこと。

今度はステンレスのタンク(二次仕込み用)に先ほどの一次もろみを入れ、
溶かした「黒糖」を冷まして投入。
仕込み蔵5
温度管理されたタンクの中でじっくり「アルコール発酵」は進みます。
仕込み蔵4
タンクの口は上にありますので、足場がかかっています。
足場というより、網張りの二階の床といった感じ。これなら作業も安全です。

さあ、二次仕込が終わればあとは「蒸留」です。
「朝日酒造」さんには3基の単式蒸留機があります。
それぞれ、首の形や角度が違っており、個性によって使い分けておられます。
ポットスティル ポットスティル2
蒸留されたお酒が「原酒」です。
原酒はやはり温度管理のされたホーローのタンクに入れられ「貯蔵」。
この間、余分な油分を掬い取ります。
仕込み蔵7
この後、瓶詰めされ製品になります。

左から「瓶洗機」。結構時間がかかるそうで以外でした。
中が「充填機」。下から瓶を押し上げるとジャーっとお酒が出てきます。
右は「打詮機」。
瓶洗 充填 打詮
あとは、ラベルを貼って箱詰め…
いえ、最終的に不純物などが混入していないか検査をしてからね。
あとは、ラベルを貼って箱詰め…
いえ、最終的に不純物などが混入していないか検査をしてからね。

さてこれで一通り「黒糖焼酎」が出来るまでを見せていただきました。
さてこの蔵の印象はといいますと、
一言で言えば「きれい」
よく酒のつくりは「掃除」と用具を「良く洗う」ことと言われますが、
全くそのことを実践されている事に感心!
旧竈

こちらは、昔使っていた竈。
今は、シンボルに。



四代目が「今日は運転しますか?」
「しませんよ~」と言いますと、
「では試飲します?よね」とおもむろにタンクをあけて

試飲1
中には透き通る液体がたっぷり、おもむろに柄杓でかき回します。
「均一にしませんと…」
蔵の中は更に「甘~い」香りが漂います。
「今年仕込んだ『陽出る國の銘酒』です。まだ硬いですが…」
試飲2
『陽出る國の銘酒』は「ひいずるしまのせい」と読みます。
四代目 喜禎浩之さんの「フラッグシップ」
喜界島産の黒糖のみを使った、渾身の作品です。

まだまだとおっしゃっていましたが、どうしてどうして
黒糖の香りが、透き通ったイメージの中に…
繊細な香りの中に、しなやかな骨格が感じられます。
「いいですねえ」しか言えない私。

熟成するとどうなるのやら…

「次は、貯蔵専門の蔵を見てください。空港からいらっしゃった時見えましたでしょう。」
と、促され車に乗りました。

次第に四代目は「どういう事が」したいのか。
彼の哲学が顕かになってきます。

次回をお楽しみに~

『喜界島』初上陸

奄美空港から喜界島へは、プロペラ機での移動です。
機種はスウェーデンのSAAB(サーブ)320B
飛行機が怖い私ですが、何故かプロペラ機のほうが大丈夫。
以前、神津島へ10人乗り(パイロット含む)のセスナの親分みたいなやつで行ったときも、
結構楽しんでしまいました。
でも『ジェット機』は怖い。『ジャンボ』はもっと怖ーい。
飛行機1
奄美空港から、上がった~と思ったら…「まもなく着陸します」のアナウンス。
飛行時間は10分ほど。
日本では、「飛行時間が最も短い定期便」とはビックリ。
飛行機
でもって、喜界空港にタッチダウン!
ここ喜界島は珊瑚礁の隆起によって出来た島。
スギラB
よって、『ハブ☠』はいません! だから、森でも畑でも安心。
奄美大島に比べ全体がなだらか。サトウキビ畑が広がります。
サトウキビ3
あいにく天気は曇り。雨が降らないだけラッキー。

ホテルに向かい、チェックインしようと…
なんとホテルロビーが人でいっぱい!
ちょうどこのホテルの式場で、島の方の「結婚式」が始まるところでした。
おめでたい所に出くわしまして『ラッキー』。
「おめでとうございます~」と声をかけると。
皆さんニコニコ。「ありがとうございます」と何度も御辞儀を…

部屋に入り荷物を置くと、携帯が…鳴…
黒糖焼酎『朝日酒造』の四代目がホテルまで迎えに来てくれました。

貯蔵蔵

いよいよ、楽しみにしていました蔵見学が始まります。

では、次回をお楽しみにー おやすみなさ~い。

奄美に里帰り ヤドリ浜その2

さてさて、奄美、ヤドリ浜の釣りは…
今日は大潮。昼過ぎにはドン引きの超浅瀬。
バシャバシャと立ちこんで、どんどん進んで
珊瑚の際をルアーで狙います。
すると、早速。1投目から…
ネバリ3
かわいいやつが果敢にアタックしてきます。
ネバリ2
ネバリ2ネバリ
こちらでは『ネバリ』といいます。
和名は『カンモンハタ』
けっこう獰猛なフィッシュイーターで、
「トップウォーター」の「ハードルアー」にもガンガン出ます。
小さいですが、結構面白いですよ!
食べても美味しいお魚ですが、ホテル泊まり故 即リリース。
さよなら~また遊んでね~
その後も「ネバリ」だらけ、
「ダツ」や「ターポン」もアタックしてくるのですが、かかりませんでした。

さて帰るかと歩き出すと足元に大きな『クモ貝』発見!
クモ貝
裏側はこんなです。
クモ貝2

こちらも塩茹でで美味しいのですが、海にお帰りいただきました。

さあ次は『カヤック』
貝の写真のバック「赤いシットオンの小さなカヤック」が今回の相棒。
枝珊瑚がきれいな地点を目指していざ出航!
カヤック1
目的地まで、ようやく半分か?の地点。
水が冷たく、カヤックから泳ぐのはやめましたがー
バランスを崩して、海中へどぼん!
『沈』しましたー
行きはよいよい、ホテルは遠い~♪
カヤック
なんだかんだで、夕方に…
さあ呑みましょう!
輝く海をを眺めて
夕陽

夕陽の次は『朝日』
朝日

いよいよ『喜界島』へ初上陸し
『朝日酒造』さんの蔵見学!
お楽しみに~

奄美に里帰り ヤドリ浜編

いよいよ、定宿(ホテルですが)
『マリンステーション奄美』さんに到着!
ここは、奄美大島本島の南東端。蘇刈という集落の端『ヤドリ浜』です。
旧知のスタッフさんから「お帰りなさ~い」の声が次々と…
皆さんお元気そうでよかった、よかった。
マリンステーション
これで、車の運転は終了!飲めるぞ~
(ここでの滞在中、車はお休み状態。ずっとこのあたりをうろうろしているので…飲んでるし…)

ホテルの前はすくビーチ。
「亀の飛ぶ東屋」でまず「シャンパーニュ!?」
  でもまだ冷えておらんので…生ビール!! う~ン、しみるなー
(飲むことに夢中で写真がなーい)
しかし落ち着くなあ「マリンステーション」。
ロケーションの良さは勿論ですが、STAFFの皆さんが全員いい感じなのです。

おっと! もう一人、まだお会いしてない方がいました。
ホテル裏側に回って、再会。
チャイ
こちらの看板犬『チャイ』さんです。
初めて会ってからもう7年? 
優しくて、立派な「ママ犬」です。
彼女の子供たちは「奄美」はおろか「九州」そして「本州」へも渡っているそうです。
奄美発「チャイ」遺伝子、拡大中。

「チャイ」への挨拶も済ませ、ぷらぷらしているとまだまだお出迎えの方が…
イソヒヨドリ2
イソヒヨドリ
「イソヒヨドリ」さんは、雛がいるのかな?
 いそがしそうに、餌の調達中。
かえる
マダラウミヘビ
「かえる」さんも出てきたら、「ウミヘビ」も出たー

今年は例年より気温も、水温も低いなあ。
泳ぐのは厳しいかな? カヤックにしようかな?
潮も引いてるし、さて釣りにしましょう。
続きは次回に御報告します。
ネバリ2

今日はさよならーさよならー

奄美に里帰り? その1

御無沙汰しています。
皆様今年のGWはいかがでしたか~。

私はいつものように、長い休みが取れれば必ず行ってくるのが、
大好き♡『奄美』
倉崎

「里帰りって言ってたけど…島の出身????」といわれそうですが、
いえいえ私、出身は東京。下谷(台東区)です。
では何故そう言うかというと…

奄美で知り合った方々は皆口を揃えて
「おかえりなさーい」
焼けた肌から、真っ白な歯を覗かせて駆け寄ってきて、握手。
だから「ただいま~」

空港についてレンタカーを借り、最初の行き先は決まってここ、
ひさ倉
奄美の郷土料理の店『ひさ倉』さんです。
直行便で行くとちょうど昼時。おなかもグ~。

早速「鶏飯」を注文します。
すると、ご飯がたっぷり詰まったお櫃と共に、お皿に乗った具が運ばれてきます。
錦糸玉子、ゆでた鶏を細く裂いたもの、椎茸の煮付け、紅しょうが、胡麻…
そして、鉄鍋に熱々の鶏のスープがこれまたたっぷり。
鶏飯1

小どんぶりにご飯をよそい、お好みの具を載せて…
おっと!このときに注意!
ご飯は少なめによそいましょう。
(スープをかけてお茶漬けのようにしますので、ご飯がウジャジャケてしまいますよ。)
鶏飯
さあ「いただきまーす」
私、実は「お茶漬け(出汁茶漬けも含め)」的なものあまり好きでは…
でも鶏飯は別。
自宅でも作ってみたのですが…今一。
こちらの味には程遠く、年に一度の楽しみになっております。

もう一軒、島で美味しいと評判の鶏飯屋さんに『みなとや』さんがあります。
とてもスープが濃厚。旨い!と思わずうなる味わい。
それに比べ『ひさ倉』さんのスープは少し軽め。
じわり、じわりと旨味が満ち潮のように押し寄せます。
私の好みは『ひさ倉』さん。
奄美大島にお出かけになる機会があれば、是非食べ比べてみてください。

さあ腹ごなしが済んだら、島を南下。
瀬戸内町、ヤドリ浜の私の定宿。というより自宅化?している
「マリンステーション奄美」さんへまっしぐらに車を走らせます。
だって運転中はお酒飲めませんから!急いで急いで…でも奄美のスピードでのんびりと。
マリンステーションの皆さん、まっててね~
マリンステーション
 
←ここに着いたらまず「生ビール!」



この続きはまた明日かな。今日は、さよなら~です。