スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋ははコトコトと

habitat-logo仔羊の煮込み “ナヴァラン”
ナヴァラン
月曜の台風も去り、昨日今日との、連続秋晴れ。
清清しい中、厨房の鍋はコトコトと、羊を煮込んでおります。

「ん? 今日はナヴァラン?」
「ナヴァランって、春の料理じゃなあい? そう、ナヴァラン・プランタニエール(春)」
「煮込みが食べたい季節だし、蕪が旨いからですよ」

料理名、ナヴァランの由来は、蕪(フランス語でnavetナヴェ)を一緒に煮込むからと言う説と、
1827年ギリシャのナヴァランで仏・英・露の連合艦隊が
トルコ・エジプト艦隊に勝利したことを記念してというものがあるとか。
食べる側としては、まあどっちでもよろしいのではありますが・・・

では、これに併せて、赤ワインかな。
重過ぎないがいいなあ・・・

habitat-logoJLF No1 Carignan Ch.Fond Cypres
 ジェー・エル・エフ ナンバー・ワン  フォン・シプレ ¥5,000
JLF #1

南仏コルヴィエールのカリニャン100%のワインです。
紫色の果実を連想させる、グルナッシュより可愛らしく、
赤い果実を連想させるワインになるブドウです。

JLFとはなんぞや?
JLFの “J” はジュンコのJ。
“L”は畑(シャトー・フォン・シプレ)のオーナーのLaetitia(レティシャ)、
そして、“F”はご存じか?Frederic(フレデリック)

ボワルカの新井順子さんとシャソルネのフレデリック・コサールさん、
南仏フォンシプレのレティシャさんの三人のコラボレーション。てなワインです。

味わい深すぎず、浅すぎず。重すぎず軽すぎず。
美味しいワインであります!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。