スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クークー かわいこちゃん ♡

habitat-logo「マルマンデ」ってどこよ?
クク1
左奥 "Chante Cou Cou" Rouge AOC Cotes du Marmandais '04 Elian Da Ros
 “シャント クークー” ルージュ コート・デュ・マルマンデ エリアン・ダ・ロス
     (60%メルロ、20%マルベック、20%カベルネSV) ¥6,500
右前 "Chante Cou Cou" Rosé VdT  Elian Da Ros
 “シャント クークー” ロゼ ヴァン・ド・ターブル エリアン・ダ・ロス
     (アブリュー、メルロ、マルベック、カベルネF、シラー) ¥3,950

今日のフランスワイン、産地は 「Cotes du Marmandais コート・デュ・マルマンデ」。
立派にもAOC(原産地呼称)が付いております(赤のみ)が、どこかは知りませんよね。

「マルマンデ」はボルドーを流れる「ガロンヌ川」を上流へと遡ったところ。
ボルドーに隣接している産地なのです。
実際、昔はボルドーワインとして出荷していましたが、
1911年「ボルドーワインの産地はジロンド県内のみ」と法で決まってしまい、
マイナーな産地へと・・・
AOCコート・デュ・マルマンデになったのは1990年と最近の話。

さて、このワインの造り手「エリアン・ダ・ロス」はアルザスの、
「ツィント・ウンブレヒト」で5年学んだ後、実家のマルマンデの「コキュモン村」へ戻り、
ワイン造りに精を出しております。
農薬等一切使わない、超自然農法「ヴィオデナミ」を実践しております。

「シャント・クークー赤」は、開けた直後は少しビオ系のくさーい感じも。
しばらくグラスを揺すると、南仏ワインを思わせる熟した果実の甘い香りが。
味わいは、ボルドーを感じさせる、きりっとした青と、たっぷりの濃い赤のイメージが重合。
タンニンも細かく、その辺(同価格帯)のボルドーならぶっ飛びます。

「ロゼ」は色濃く、軽い赤なのかな?と思わせるほど。
味わい深く、且つチャーミング。
安いから、これ一本で通しちゃうのもありですね。

因みに、このワインの名前「Chante Cou Cou シャント・クークー」は、
直訳すれば「カッコウと鳴いて」かな?。

でもこれは、フランス人がごく親しい人(恋人)やかわいい子供への呼びかけの言葉。
「クックー♡私のかわいい小鳥ちゃん」てな感じではないでしょうか。

そういえば、デヴューした頃の「桜田淳子」が歌った、
「♫ クック、クックー クック、クックー 青い鳥~♫」はこれかあ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。