スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新着 Cエルミタージュ と ジロル(その2)

habitat-logo私の好きな「美しき味わいのローヌ」
ミュリネ

Crozes Hermitage Cuvée les Amandiers '07 Dm.du Murinais 
クローズ・エルミタージュ キュヴェ・レ・ザマンディエ  ミュリネ  ¥6,700

南仏コート・デュ・ローヌの北部の赤ワイン、クローズ・エルミタージュ。
ルーヌ南部の赤ワインは、「グルナッシュ」や「シラー」、「ムールヴェドル」を、
混ぜて作られますが、北部は「シラー」単体がほとんど。
純粋に「シラー」の香りや、味わいが楽しめます。

2007年はローヌにとって、Good Vintage。
濃くてどろどろかと思いきや、このミュリネは非常ににエレガントに仕上がっています。
コンクリートタンクで自然酵母により発酵。
熟成も90%はコンクリートタンク。10%の樽も8年物。
樽香もなく、色調とともにスミレのような香りが漂います。
じっくり時間をかけて、飲みたいワインですね。

そうそう、先日の「ジロル茸のフリカッセ」。
「食材だけ写真で、完成作品(料理)は話だけかい?」とのご指摘を賜りましたので・・・
habitat-logoジロル茸のフリカッセ
ジロルフリカッセ

「ええい!どうせなら、作っているところも撮ってみよう」
きれいに、掃除したジロルは、食べやすく手で裂いて。
下準備

さあフライパンに投入!

ジロル工程1

バターでじっくりソテーしたら、フォンドヴォーと生クリームを入れて
はい! 完成。 
盛り付けは、慎重に。

ジロル工程2

以上! 「ジロル茸のフリカッセ」 でした~

(もっと色々な場面で獲りたかったなあ。なれない写真の、ライヴ撮影に付き御容赦)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。