スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇きを癒す

毎度ではありますが暑い夏。
汗になって蒸発してしまった水分を補うには、トマトが一番。
炎天下仕事に励む農家のかたは、朝出かける前にかじると熱中症予防になると。

では今宵、アビタのスターターは、バジルの香りも清清しいこれはいかが?
habitat-logoフルーツトマトとモッツアレッラのカプレーゼ (¥900)
カプレーゼ

トマトは静岡産。モッツアレラは水牛の乳から作られた、「モッツアレラ・ブッファラ」。

ワインはどうしましょ。では、これかこれかな?
habitat-logo白ワイン2種 どちらがお好き?
シャブリ・ロワール
(右)VdP Val de Loir Sauvignon Blanc '08 H.Bourgeois
 ヴァン・ド・ペイ ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニオン・ブラン アンリ・ブルジョワ(¥4,500)
(左)Chablis La Pierrelee '07 Chablisienne
 シャブリ ラ・ピエレレ ラ・シャブリジェンヌ (¥5,800)

まずは写真左側。夏の定番 「ソーヴィニオン・ブラン」。
造り手、アンリ・ブルジョアは当代で10代目。じつに350年の歴史を持つという。
酸はとがらず、フルーティーでフレッシュな感覚。
強くはないが、一本筋が通ったボディは、さすが伝統の産物か。

右は、御存知「シャブリ」。ブドウはシャルドネ。
堅ろうな酸ではありませんが、ソーヴィニオンと比べると、
やはり太い酸のイメージでぐっときます。
こちらは、協同組合で造っていますが、品質は素晴らしい。
シャブリ生産量のなんと3分の1を、シャブリジェンヌは作っています。
世界一の協同組合ワインと自負するこちらは、創業が1923年。
ようやくブルゴーニュで、協同組合が始まった頃、と歴史があります。

伝統ある家に生まれた、二人のお嬢さん。
どちらがお好み?
「よくばりだなあ。二人を並べて品定めとは・・・いかがなものか。」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。