一年の終わりには、ちょっぴり贅沢に…

「今年もお疲れ様でした」
悲しいことも、辛いことも…そして楽しいことも、全て2013年。
ワインのヴィンテージと同じ。悪い年なんてないんです。
「今年はそうゆう年だったのよ」ということが、詰まっているのが
ワインのボトル。

そんな年の終わりには、ちょっぴりのご褒美。
今飲み頃を迎えている「レオヴィル・バルトン1996」
アビタでいかが?
Ch. Leoville Barton 1996 Saint-Julien
 シャトー・レオヴィル・バルトン サン=ジュリアン ¥19,500
レオヴィルバルトン1996

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)