スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はちょいと気温が高めなので…

赤ワインでも、ガッツリ系でなく、少し軽目かな?
でも秋ですから、シャバシャバなやつではなく、ミディアムで美味しく・・・

それでは、北ローヌ、ロティーの川向こうの
「コリーヌ・ローダニエンヌ」、彼女のシラーにしましょう。

Syrah Colline Rhodaniennes 2011
              Domaine Jeanne Gaillard
 シラー コリーヌ・ローダニエンヌ   ジャンヌ・ガイヤール
ガイヤールJ_Syrah
「ジャンヌ・ガイヤール」北ローヌの造り手「ピエール・ガイヤール」の長女。
1984年生まれなので、まだ三十前のお嬢さん。
畑やカーヴの仕事を手伝うようになったのが1996年。
12歳の頃から、ワイン造りに携わっていたというからビックリ!

2008年に父ピエールからVins de Pays(ヴァン・ド・ペイ)8haを譲り受け、
「ドメーヌ・ジャンヌ・ガイヤール」を設立。

このワインは「シラー100%」。
グラス・ファイバーのタンクで仕込み、ステンレスで熟成。

この造り方の為か?若い女性の造りだからか?
クリーンでフレッシュ、ジューシー。柔らかなタンニン。
でも『シラー』の個性。白胡椒やスミレ、黒いベリーの香り。
それらが、穏やかにアンサンブルを奏でています。

『ジャンヌ』って「ちょっぴりポッチャリ。優しい感じのかわいこちゃんかな?」
って、このワインを飲んで感じた、おやじの勝手な妄想です。
失礼しました~。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。