スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産で造られるワイン…それは?

正解はハンガリーの『トカイ』です。

トカイ・ヘジャリャ地方(Hegyalja ; 山麓の小さな丘の意)は、
ハンガリー北東部に位置する歴史的なワイン産地で、その葡萄畑と6箇所の貯蔵施設が、
2002年にユネスコの世界遺産に登録されています。

主に有名なワインは、『トカイ・アスー・エッセンシア』と呼ばれる貴腐ワインですが、
もちろんドライな白ワインもあります。

年初を飾るお勧めワインは、この「トカイの辛口白ワイン」 

Tokaji Furmint Dry 2011 Chateau Dereszla
 トカイ フルミント・ドライ シャトー・デレスラ ¥4000フルミント_ドライ

『フルミント』は、葡萄の品種名で、「ベパーミント」や「スペアミント」といった、
スースーする、「ハッカ(薄荷)」じゃあござんせんのは、もちろん承知のすけ。

柑橘系の甘い香りと柔らかな酸味。素直で、美味しいワインです。
酸味が少しシャープであれば、ロワールのソーヴィニオンブランと、
間違えてしまいそうな爽やかさ。

2013年は『世界遺産 ワイン』でスタートなんていかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。