スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#1 あやしいワイン会ラインナップ

habitat-logoピノ・ノワールばかりが6種
来る6/22(水)。
「第一回あやしいワイン会」を飾るのは、美味しくも個性的なこのワインたち。
あやしいPN
全て、ピノ・ノワール100%。
国別には、フランス4種、ドイツが1種、そしてオーストラリアが1種。

初っ端は、フランス、シャンパーニュから、

アルノーChampagne Grand Cru Verzenay Brut Tradition
(Blanc de Noir) Domaine Michel Arnould & Fils


ミッシェル・アルノーのブラン(白)・ド・ノワール(黒)。
即ち、黒葡萄から白いワイン(シャンパーニュ)を造ったということ。
自家栽培で自家醸造でシャンパーニュを造る、
レコルタンマニュニピラン(RM)。

続きましては、泡の出ない白ワイン。
ビネル
ブログでもすでに御紹介した
Alsas Blanc de Noir '06 Cristian Biére
  アルザスの自然派ビネルが醸す、変態的白ワイン。
  ロゼのように見えますが、本人が「白です」というから白。



さて、三番目。やっと赤の登場。

カゼ
このブログの巻頭をかざった、
 風 Le Vent '08 Dm. De la Garance
 ラング・ドックでガランスが造るピノ・ノワール。
 ワイン会はこれから。味わいのコメントは無しで行きます。

「長くなりすぎ」とまきが入りましたので、残りの3本は一気に連記で。

Supätburgunder Junge Reben QbA Trocken '06 Huba
ドイツのバーデンから、フーバーのピノ。
Touraine Pinot Noir '04 Thierry Puzelat
ロワール自然派の旗手、ピュズラ。
Tamar Ridge Pinot Noir '05 Tasmania
人の住む地域で最もクリーンな地域といわれる、オーストラリアのタスマニア。
この地域はピノ・ワール最南端か。

フーバー ピュズラPN
テイマーPN






以上「第一回 あやしいワイン会」のワインたちのご紹介でした。
参加御希望のかたは、24日夕方まで受け付けております。
詳細はこちらにございます。
是非、ご参加くださ~い!

最後までお付き合いいただきました皆様。
スクロールお疲れ様でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。