スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告どおり 今日も残暑厳しきにつき 飛び道具的アルザス 其の二

駐車場の輻射熱にやられたのか、フラフラと飛ぶ「クロアゲハ」。
やっとの思いで(擬人的過ぎるかなあ)昼顔の花弁に不時着。
するや否やの給水開始!「あ~助かった。」と言ったか言わぬか。
クロアゲハ12

我々ホモサピエンスも『給水』及び『エネルギー充填』せねば!
と言うことで『飛び道具其の二』シュワーッとはいかずに、極微発泡。
静かに『しゅーっ』とご開栓。

Alsace Pinot Blanc Sans Soufre Sophie '09 Marc Tempe
 アルザス ピノ・ブラン サン・スフル ソフィー マルク・テンペ(微発泡)¥6500
テンペ ソフィー

そういえば、2006年物だったか?それ以前だったか?記憶が遠いのですが、
幸せなハンナリな旨味だった、テンペのリースリングが、突然2次発酵を始めてしまい、
『ぶしゅーっ』と・・・彼が意図したものではないのでバランスが少々ずれて、
残念な結果に。(勿論、温度管理はしておりましたのよ)
それ以来、ほんの僅かに軽くフィルターをかけているとかいないとか。

そんな「テンペ」が懲りずに、『フィルター&SO2無しよ』で造った2009年ピノ・ブラン。

理論家でもある彼に計算された発泡なのでしょう。
彼のワインらしからぬ辛口でありながら、バランスがとれており、香りもシャープ!
『抜群にウマ~イ。幸せ感じる~』
とくれば「夏ばてよさらば!」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。