スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘ーい誘いに・・・

・・・といっても、艶っぽいお話ではありません。
habitat-logo甘露な味わいがお勧め

Bimbadgen Myallroad Botrytis Semillon '06
 ビンバジン マイオールロード ボトリティス セミヨン (アビタで 1glass ¥1,000)

ボトリティス

レストランでの食事。
楽しみの一つに、食後のデザートを挙げる方ってけっこういらっしゃいますよね。
女性はもちろん、男性もです。
「料理」「食事」といったカテゴリーとは別に、
「スィーツ」なる分野が確立され、ブームが起こっているようです。

このように、皆さん甘いもの好きなのに、いつも注文されるのは、
「白ワイン。辛いやつネ」「ドライな赤ワイン。重めで・・・」。

グラス
たまには、飲んでみてください!
黄金に輝く、あまーい貴腐ワイン。
ワインの世界観が変わるかも・・です。・


このワインの名前の中にある、「Botrytis;ボトリティス」は
貴腐菌 「ボトリティス・シネレア」のこと。
オーストラリア産ですが、れっきとした貴腐ワインなのです。

貴腐ワインといえば、フランスの「ソーテルヌ」、ドイツの「トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ」、そしてハンガリーの「トカイ・アスー・エッセンシア」が著名。
三大貴腐ワインと称され、高貴なだけに高額なのはしかたなしですが、
それに比べこちらは、みんなの好きな「REASONABLE」です。

食後にはもちろん。
酸が程よく効いており、比較的さっぱりした印象のこのワイン。
しっかり冷やして、食前に飲むのもお勧め!
食欲か増すこと請け合いです。

甘みに誘われるのは、ホモサピエンスのほか多種にわたる動物たち。
チョウチョにハチに・・・ハチミツ好きな熊さんも。
いつもの径。コナラの根元には、甘露なる樹液の誘い。
カナブン
カナブンたちが、昼間から酔っているのか、押すな押すなの大騒ぎ。

Tag : 豪州 甘口

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。