スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ 飲もうか?!

金曜日なのに、ジワッとした夜のアビタ。
お客様も知っているかたばかりだし…ねっ
「飲もうかねっ」ていうことで、先ずは
ロワールのカベルネフラン
 
On Est Su l'Sable 2010 Laulent Lebled
オネスルサブレ ローラン・ルブレ
グラスに注げば、液面を微粒の気泡が走りました。
香りは少しCountry。
CO2が口内を優しく刺激します。
次第にバブルが抜けてくると、味わいはHEAVYな方向へ。
決してフランボワーズや苺の雰囲気でなく、
ブラックカラントのキャンディ。
でもあくまでも素軽く儚い。
美味しいジュースの水割り(決して悪い意味ではなく)。
旨味はじわりと、やって来て終わりそうで終わらない。
まるで今日のアビタのように。
 
しかーし、エチケットの絵は何ぞヤ。
「有名な砂人間」なの?
 
朝まで考えてみよう!明日は休みだの日曜日(だよね)。
嗚呼、曜日感覚が狂っている。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。