スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・14ワイン会 お料理とワインリスト

いよいよ来週水曜に迫りました「あやしいワイン会」。
出場ワインとお料理が決まりましたので、御報告。
まだ、お席に余裕がございます。是非!ご参加を。
(限定15名様です、お早めに御連絡ください。)

ボルドー

<お料理>
1、フォアグラのテリーヌ
2、ポロ葱のブレゼ ウーポシェ添え トリュフ風味
3、フレッシュ セップ茸のオムレツ ランド風サラダ添え
4、牛ヒレのポアレ ソースボルドレーズ(赤ワインソース)

<ワインリスト> 
シャトー・ドワジー・デーヌ 1976 ソーテルヌ
 なんと!初っ端は35年物のソーテルヌ。さあ!フォアグラのテリーヌで幕開け。

バッド・ボーイ 2008
  ヴァランドローの「テュヌヴァン」が醸す、茶目っ気たっぷり、品質バッチリワイン。
  旨けりゃー「ボルドー」と名乗らなくてもとは…これも彼の挑戦ナノカ!?

シャトー・ル・ピュイ 2007 コート・ド・フラン
  1610年創立の歴史あるシャトー。1934年からは畑は全て有機栽培というから驚き。
  ラベルには「お前の(息子)父のこのワインは、自然な耕作とワイン醸造の下造られます。」
  とは…ちょい大げさ?

シャトー・ムーラン・ペイ・ラブリ 2005 カノン・フロンサック
  1988年がファーストヴィンテージという新しい作り手。ミッシェル=ロランがコンサルタント。
  
シャトー・ラ・トゥール・フィジャック 2006 サンテミリオン
  1879年創立。後に「シャトー・フィジャック」と2つに分裂。
  畑は「シュヴァル・ブラン」の東方、「フィジャック」の南方に隣接。
  お隣はカベルネの比率が高い(ソーヴィニオン、フラン併せて70%)がこちらはメルロ主体。

クロ・レオ 2006 コート・ド・カスティヨン
  テュヌヴァン社で働いていた日本人、篠原麗雄さんがフランス人の奥様と共に、
  2002年に畑を得て始めた小さなワイナリー。2006年は僅か1000本程の出荷。

==============

第18回 アビタあやしいワイン会
  『ボルドーの発掘』
日時 ; 9月14日(水)19:00~
会費 ; 8,000円 (ワイン6種、お料理、税含む)
       *当日現金にてお支払いください
場所 ; エスカール アビタ escale Habitat
千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルB1
       TEL 03-5221-8875

申し込み方法 ;アビタ味岡まで9/12(月)までに、メールにて申し込みくださいませ。
申し込みはこちらへ ; escale-habitat@jazz.odn.ne.jp
    (お客様の御都合によっては、お電話での予約も承ります)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。