スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[真夜中のテイスティング] Bimbadgen Chardonney 2009

蒸し暑さに、白を身体が欲しがる。
普段ならサラリとしたワイン。
ソーヴィニヨン・ブランか、リースリングを抜くとこだが、
何故か、オーストラリアのシャルドネを
ポンと開けてしまった。(実際はスクリューなのでポンとは言いませんでしたが…)
レモンイエローの液体は、オレンジの香りを揮発している。
アカシアの蜂蜜をも連想させるこのワインは、
綺麗な膨らみをみせる酸味と、若干の樽の香りと共に、
あっという間に、口腔内にミネラルとアルコールを、
即ち強いパワーを送り込んできた。
「いいんじゃあないかい?」と自らに問いかけた。
「パワー不足の私にも、負けずに頑張れそうだ」
「ニューワールドのパワーに勝って、エネルギーちょうだいしちゃいましょうね」
「そうだね、明日は元気なりそうだ!」
 
  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。