スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏かと思えば…春に Sparkring

昨日までの気温はまるで夏!
ほんじゃあ、爽やかに冷たーい「泡」をお勧めと行きますか!
スパーク3
と思ったのに・・・
今日は4月に、季節はまき戻し。
そういえば、「ビーチで朝からシャンパーニュ」を楽しみにしていた
奄美も毎日寒ーい雨でした。

では気を取り直して、本日のお勧めは、「クレマン;Crémant」。
「クレマン」はフランスにおいて、シャンパーニュ以外のスパークリング・ワインで、
シャンパーニュ同様に『瓶内二次発酵』で造られるものです。

スパーク2
では左から、
J.Laurens Crémant de Limoux Les Gaimenous 
ジ・ローラン クレマン・ド・リムー グレムノス ¥4,200
 南仏ラングドック産のクレマン。
 葡萄は、シャルドネ60%、モーザック5%、シュナン30%、ピノ・ノワール5%。
 南のワインなのに、以外に繊細。
 泡立ちはしっかりしていますが細かく、邪魔になりません。
 コスト・パフォーマンス抜群!

ではお隣は
Roland Van Hecke Crémant de Bourgogne
ロラン・ヴァネック クレマン・ド・ブルゴーニュ ¥5,800
 ブルゴーニュのクレマン。といってもかなり北。
 もうすぐそこは、シャンパーニュ。
 お味も繊細ながら味わい深く、シャンパーニュと区別がつきますかな?
 葡萄は、シャルドネとピノ・ノワール。比率はわかりませんが、半々かな?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。