スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉も色濃く Dm.Audran

真っ赤に染まった『カエデ』には青く澄んだ空が似合う。
「秋の夕日に照る山紅葉♫」と言う歌もありますが、
ピリッとするほど、冷たい朝の紅葉が好き。
カエデ
さて、前文において『カエデ』『モミジ』とありますが、
植物分類学的には同じだそう。
『カエデ』は葉の形が「カエル」ちゃんのおててみたいだからで、
写真の「イロハモミジ」の学名も Acer Palmatum
   Acer : 裂ける(カエデ属を表す)
Palmatum : 掌(手のひら)状の
切れ込んだ葉っぱの形からきています。
一方『モミジ』は元々草木が色付くことの『もみつ(黄葉つ)』から来ており、
秋に色付く草木の総称だそうです。

さらに、この「イロハモミジ」の「イロハ」は、
昔、子供が葉の裂けた数を「イ・・・ロ・・・ハ・・・(1,2,3)」と数えたからだとか。
ある人によれば、「色の付いた葉」・・・「色葉」・・・「イロハ」。
この解釈もいいですね。

大分長々と書いてしまいましたので、
本日のワインのお勧めはサラリと・・・

赤いモミジが深く色付いたので、
こちらの赤ワインもしっかり濃い味わいのコレ。
オードラン
Cotes du Rhone Dm.Audran

コート・デュ・ローヌ ドメーヌ・ロッシュ・オードラン ¥4,200

色濃く、しっかり熟した果実がぎゅっと詰まった印象。
ビオデナミでこれだけ骨格がしっかりしているのは、
少し前でしたら考えられませんでした。しかも低価格で。
お試しアレ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。