スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けのワイン Potron Minet

「猫がすきか?」と問われたら…ううむ
見て可愛いとは思うときあれど、抱いたとたんに「クシュン」。
愛しても一緒になれないこと多し。
でも、『猫のお尻』は好き
と言っても、このワインのこと。

Pari Trouillas '08 Potron Minet
パリ・トゥルイヤ  ポトロン・ミネ ¥5,500
パリ・トゥルイヤ

ワインのブランド名が 
 Potron=お尻 、Minet=子猫ちゃん
「夜明け」を意味するそうですが、その説明が???
インポーターさんの資料にも「猫が動き始める夜明けの事を指します」とあります。

私的には、猫は元来夜行性。ならば猫が『活動を始める』夜明けではなく、
『猫時間(夜)は終わり』のお尻。「帰宅する子猫ちゃん」に見えるのは私だけ?
読者の皆様いかがでしょう。

ポトロン・ミネのワインの味わいは、ほんとうにNATURAL
ただ…お尻だけあって、ほんの少し臭い!のは以前に御紹介した「ケリダ」同様。
別に、お尻臭いわけではありませんよ~の還元状態的香りです。
この香りはNATURALと言い切れる「ビオ好き」なら問題なしというか、
輸入されてから時間も経って、落ち着いてきています。
味わいも滑らかになって、素直においしい!

造り手の名は、ジャン・セバスチャン・ジョアン
なんとこの方、ワイン造りに携わるようになって、僅か数年!
しかも、40歳代になってからの独立とはビックリ!
さらに2008年は「ファースト・ヴィンテージ」で感服!
そんな簡単にワイン造りが出来るのか!
(もちろん大変な労力ではあったのでしょうが)

50代になってしまった私にも、
  まだ新しい可能性は残されているのだろうか。

希望の星は夜明けに輝くのか?

コメント

"みやっちさん"御愛読メルシーです!

また、アビタも御利用いただきありがとうございました。
PARISですか~。私にとっては羨ましい限り。「フランスに行きたしと思っても・・・」であります。
ブログ拝見しました。ぜひ、貴殿のブログにリンクしてくださいね。
今後ともよろしくお願い致します。

No title

開設以来いつも楽しく拝見しておりますが、初めてコメントいたします。実はお店にも1度だけおじゃましましたが、その後すぐにparisに転勤になってしまいました(残念)。parisにいながらにして参考になる紹介記事満載で、ためになります。希望の★はいつからでもきっと輝きますので、期待しております。なお、一見ワインとあまり関係のない拙ブログにリンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。