スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでやるのか? の南アワイン

ゴートF
不敵な微笑を浮かべるこのお方の名は
「DON GOATTI(ドンゴアッティ)
『GOATFATHER』と呼ばれる山羊界マフィアのボスのようです。

「ゴーツ・ドゥ・ローム一家のワインが有名になり、彼等の前にその地位を揺るがす挑戦者がきたた。
ドン・ゴアティは生粋のシチリア伝統を持ち、これまでファミリー・顧客、
そしてワイン醸造に関する秘密を守ってきた。・・・厳選された、50%のサンジョベーゼ、33%のバルベーラ・・・」
とは、このワインのバックラベル。
ゴートFB

今日ご紹介しますのは、こちらのワイン。
イタリアンブレンドの南アフリカの赤ワインということであります。
Goatfather 2009 Goats do Roam¥4,000
 ゴートファーザー  ゴーツ・ド・ローム
ゴートF1
相変わらず、長ったらしい枕で申し訳ございません。

この造り手(ブランド名)「Goats de Roam」からして、
フランスの「Cotes du Rohne」のパロディーでして、
シラー特集のワイン会でも御紹介した「Goat-Roti」は、
ローヌの銘酒「Côte Rôtie」のもじりとは、
しゃれっ気なのか? お下劣なのか?
しかしワインはいたってまじめ。
高品質、低価格の、南仏ブレンド南アワインで評価も高い作り手です。

その「Goats de Roam」が次に放ったのがこのイタリアンブレンド。

「サンジョベーゼにバルベーラ・・・シチリアの伝統というのには、品種が違うなあ。」
しか~し!
口に運ぶと、滑らかで、柔らかく、果実味もといいじゃあありませんか。
香りの中にヨード的な香りが唯一の南アの雰囲気。

まあココは一つ、『ドン・ゴアティー』と契りを交わし、
ファミリーの一員になりませんか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。