自然派の巨匠逝く

フランス自然派ワインの巨匠、
マルセル・ラピエール氏が10月10日永眠されました。
謹んで御冥福をお祈りいたします。
ラピエール
彼は、その生産地である、ボージョレーのみならず、
フランス全土ににいえ、世界中に「自然派ワイン」の種をまき続けてこられました。

彼のワインを飲んで、「オーガニックワインっておいしいんだ!」と、
初めて思われた方も多数いらっしゃると思います。

彼の意思は、多数の造り手によって、
そして「ラピエール」のワインは彼の長男である「マチュー・ラピエール氏」によって、
引き継がれていくことでしょう。

カンボンロゼ
*昨晩は(といっても、今日の朝方ですが)、この悲しい記事を書きながら、
 ラピエール「カンボン・ロゼ」を一人飲みました。
 あまりにスルスルと、スルスルと喉を通過する液体は、私の涙腺から逆流していました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)