スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗で、可愛いのに・・・

ある『プレイボーイ』曰く。
「ナンパするなら、きれいな娘にいかなくちゃ。以外に空室が多いんだよ」
「学生のときがそうだろ、クラス№1よりも2,3番目がもてるのさ」

ナールほどそれは一理ある。ふむふむ・・・
取っ付きが悪いということか。
ワインのチョイスでもそうかもしれないなあ。
「おいしいロゼですよ、いかがでしょうか?」といったとたんに
「ロゼか~。白か赤がいいんだよね」とはいつもの風景。

でもですよ、たまには行ってみましょうよ! おいしいロゼ。
カンボンロゼ
Beaujolais Rosé '09 Château Cambon (Marcel Lapierre)
ボージョレー ロゼ シャトー・カンボン ¥4,500

造り手は、言わずと知れた自然派の大御所『マルセル・ラピエール』
有名だから良いってなことではありません。
実際、2006年までは彼のワインがおいしいと思ったことがありませんでした。
世界的な評価は高かったのに・・・
明らかにワインが変わったのが2007年。
造は替えていないと言うのに、素晴らしいワインに変貌しておりました。

兎に角1度は飲んでみてください。
高貴ではありませんが、すてきなワインです。
「ちょっと試してみたいな」とおっしゃるむきには、グラスワインでもOK。

2009年はボージョレーにとって良いヴィンテージでした。

ボージョレー赤もございます。
価格も激安。
カンボン
Beaujolais '09 Château Cambon (Marcel Lapierre)
ボージョレー シャトーカンボン \3,800

「ボージョレーか~」「ガメ種か~」と言わずに是非TRYしてください。

美しくも、優しい彼女に出会っちゃうかも? です。 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。