スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の収穫その弐

畑のフェンスに、山吹が咲けば。
山吹1
「おお!そうか」と近所の空き地に走ります。
以前は小さな畑だったようなと、ややあいまいな記憶。
毎年出ます、出ます、「にょきにょき」と…
土筆1
わかりますか?
一面に生えてきたのは『ツクシ』ちゃん。
土筆
漢字で書くと、土から生えてきた筆で『土筆』とは…
名付けた古の方に、いささか感服!!

今日食べる分だけ採らせていただききます。
写真右端のような、太めで袴が三段ついたものがヨロシ。
早速家へと戻り、面倒な下準備の開始です。

頭の部分をパフパフ叩いて、胞子を落とし、
袴を取り除くと…もう指先は真っ黒け。
水に放して汚れを落とし、3~5分ほど湯掻いて終了。

毎年初めの土筆は、オムレツにします。
暖かな日向の香りがして…なんだかホンワリと美味しい。
(作業と食事に没頭してしまって、写真がありません。悪しからず)

さて今日のワインは、こんな季節に相応しいワイン。
Alsace Saveurs Printanieres '06 Cristian Biner
アルザス サヴール・プランタニエール クリスチャン・ビネール ¥5,500
プランタニエール
アビタでも人気の、アルザス、自然派の造り手「ビネール」のお気軽ゾーン。
軽い濁りは「春の霞」か? はんなりの甘さは、優しい「春の陽射し」か?
スルスル飲めて、満足感もあり。
春の野草とも相性がよし!
なんてったってこの白ワイン、名前からして
「Saveurs=味  Printanieres=春」
即ち「春の味ワイン」ですから!
今日はアビタで「タラの芽に生ハムを巻いたベニエ」を食べるべし。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。