スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハミング♪~ したくなる

ある晩の仕事が終わり、余りものでお疲れさん!!
当然、ワインの試飲会へと・・・
メンチをかじりながら、ごくりと飲むと『旨ー!』
いいですね!この赤』
と、一番人気になったのがこの赤。
Chanterit' VdP de l'Agenais '08 Jean Thomazeau ¥3,900
シャンテリ ヴァン・ド・ペイ・ラジャネ ジャン・トマゾー (50%メルロ、30%カベルネS、20%カベルネF)
シャンテリ
なにやら訳のわからない『音符や休符、フォルテにフェルマータ』が・・・
ワインの名前『Chanterit』は『Chant;歌』由来でしょう。
「歌いだしたくなるようなワイン」=「お気軽に楽しむワイン」です。
この価格もお気軽価格のワイン、ボルドーの隣のワイン区画としては、
「カオール」「マディラン」「イルレギー」などど共に、『南西部』といわれる地域のワイン。
以前にも御紹介したように、法律が変わるまでは「ボルドーワイン」として売られていたはずです。
葡萄品種もボルドータイプ。
軽やかながら、その特徴はしっかり現れています。

当店自慢の『メンチカツ』はもとより、こんな料理にもいけちゃう!

カタクチイワシのオイルサーディン ¥800
オイルサーディン

でも、この組み合わせは何故か「ポルトガル」を連想しちゃいます。
「トゥリガ」や「「バガ」といったポルトガルワインに少し似ているものね。
すると「フン♪フフゥ~♬」と軽ろやかなハミングが、大分重くなって来たぞ~
脳裏には『ファド』が流れてきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。