スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋に香るスミレの花は北ローヌの赤ワイン。

カラッと秋晴れの丸の内。
朝晩は冷えてきましたが、風邪など召しませぬように。

さて、今日のお勧めはこちら。
今日のお料理、『エゾ鹿のロースト¥1,950』と共に楽しんでいただきたいわいん

VdP de Collines Rhodaniennes Syrah '12 Andre Perret
 ヴァン・ド・ペイ・ド・コリーヌ・ローダニエンヌ シラー アンドレペレ
アンドレ_ペレ

フランス、北ローヌの白ワイン、コンドリューの最高ともいわれる
『コンドリュー・コトー・ド・シェリー』を所有し、素晴らしいワインを醸している
『アンドレ・ペレ』。
その彼が、ヴァン・ド・ペイ区画でシラー100%ド作っているのがこのワイン。

ブドウ樹は「フラン・ド・ピエ」といって、接ぎ木なしで仕立てられています。
自根で育っているのです。
だからおいしいというわけではありませんが、栽培に対する姿勢が好感です。

白の造り手だから…というわけではありませんが、
華やかなスミレの香り、少しのスーッとする香草、そして白コショウのアクセント。
酸は繊細できれい。重すぎないボディ。

疲れを癒してくれそうなワインです。
スポンサーサイト

難問「安くておいしいピノがいいのですが…」

結構厳しいんですよね~
「ボトルで5000円以下で…」とつながると、アップアップ。

そんな難問を解決してくれそうなワインが入荷!
Errazuriz Estate Pinot poir
 エラスリス エステート ピノ・ノワール ¥4,500エラスリスPN

やはりチリは恐るべし。

本日 アビタ ジャズ・ライヴ開催!

目覚めてみれば寒い朝。霧雨。
一瞬、冬が来てしまったかと…
さてそんな気候もぶっ飛ばす『アビタライヴ』
本日開催です。

Vo) 浅田 尚美 G) 原 とも也
浅田尚美&原とも也

ミュージックチャージ無料!
お気軽に、アビタのワインとお食事と共にお楽しみください。
19:00~ 20:00~ 21:00~ の3セットです。

優しく自然な香りがいいな

爽やかな空の高い秋の朝。
金木犀が満開になりました。
金木犀’14③

例年より花の数が少なめ。
良い匂いでも、たっぷりすぎるのはいけません。
以前「金木犀は香りが強すぎ嫌い」と書きましたが、
香りが控えめな今年は、この花を見直しました。
金木犀’14④

さて、ワインでも同じようなことが言えます。
過度に造りこんだワインの強い香り、無理やりつけたオークの香りなどはいけません。

さて本日ご紹介のワインはどうでしょうか?

Coteaux Bourguignon '12 Dm.Fabrice Vigot
 コトー・ブルギニオン ファブリス・ヴィゴ ¥5500

ヴィゴF_CB

1990年に当主となったファブリス・ヴィゴは良いワインを造ろうと、
出来うる限りの技術と労力をつぎ込んでおりました。
そんな彼のもとにやってきた、ブルゴーニュワインの神様アンリ・ジャイエ。
「もっと自然に忠実な心地よい果実味のあるワインを造りなさい。
醸造段階であまり手を加えすぎると良くない。」とアドヴァイス。
そのことが転機となり、彼のワイン造りはより自然なブドウ造り、
醸造へと変わっていきました。
この効果が成果として表れてたのが僅か3年ほど前といいますから、
生半可なことではなかったようです。

ナチュラルで優しい、赤い果実の香り。生き生きとした酸。

今宵アビタで楽しみませんか?

日本のワインもありますよー

最近お客様から「日本のワインはないの?」と言われます。
勿論ありますよ。少量ですが…

ということで、今日のご紹介はこちら

菱山 樽熟成 2012 ¥5500
菱山
山梨県は勝沼の菱山の赤白。

赤が『マスカットベリーA』 白は『甲州』 と
まさに日本における二大品種。

どちらもフレンチオークでの熟成。
樽香好きにはたまりません。

こんなお料理と合わせてみてはいかが?

トリッパのリヨン風 ¥850
グラドゥヴル

甘く黄金色になるまでじっくり炒めた玉葱と合わせたトリッパは、赤でも白でもどんとこいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。