スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が終わってしまう・・・

夏好きな私にとっては、肌寒いほど涼しい朝はなぜか少し寂しい。
すぐそばの木にしがみついて蝉の声も、遠くから聞こえるようにか細い。
ああもう9月がそこにいます。

さてアビタは、週末であると共に、今月最後の営業日。
気温も低いし赤ワイン。

Chateau Gigognan Cotes du Rhone
シャトー・ジゴニャン コートデュローヌ
ジゴニャン

果実味とスパイシーさが共存する、飲みごたえのあるローヌの赤です。

造り手はシャトー・ヌッフ・デュ・パプの秀逸な作り手。
コンサルタントには「トレヴァロン」の「フィリップ・カンピ」氏を登用。
畑はビオロジック。丁寧な造りがうかがえます。

おっと、この造り手白も良いんです。
ハンドピッキングされたブドウを、低温の中、優しく空気圧でプレス。
結果、白い花の香りが漂い、きれいな酸と、ボディーの程よさ。
いけてますね~

8月の終わり、夏の思い出をしみじみと・・・
アビタでお待ちしております。
スポンサーサイト

「ぐびぐび」「ごくごく」・・・

リトロッツォ
リトロッソ
Litrozzo Rosso 2013
Litrozzo Bianco 2012

まるで、風呂上りに腰に手を当て、牛乳を一気飲みのようなエチケット。
いいですねえ~

イタリア、ラッツィオのジャン・マルコ・アントヌツィー Gian Marco Antonuzi。
彼は、ワイン造りを、かの「パカレ」「ダール・エ・リボ」「シュレール」などで修行した、
期待の新鋭。
とくれば、造りは「ビオデナミ」。

赤は弾けんばかりの果実味ほんの僅かのプチプチ。
白は柑橘系に花の香り、イースト香。
どちらもミネラル感たっぷり。
エチケットのデザインのごとく、するするいけてしまうのです。

*注意!! アビタではボトルからのラッパ飲みは推奨しておりません(笑)

週末金曜ですが、アビタはゆるゆる開店します。


お気軽な泡もので、ちょいといかがですか?

アビタでお待ちしております。


本日19日のライブ、ギタリストが変更になりました。


こちらもアビタ初登場のギタリスト。
楽しみ~

19:00スタート。
ミュージックチャージ無料です!

明日8/19(火)アビタはジャズライヴ開催です。

8月も折り返しを過ぎ、朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきましたね。

さて、明日のアビタは「ジャズライヴ」
おなじみ 『浅田 尚美』さんのボーカルでお送りします。
浅田尚美
パワフル且つハートフルな歌声で残暑をぶっ飛ばしましょう!

お相手はアビタ初登場のギタリスト『関根 彰良』さん。

HPをのぞいてみると、クラッシックやフラメンコまでひいてしまうらしいのです。

尚美さんが「とても面白いギタリストなので期待して~」と言うからには、
ほんとに期待しちゃって、楽しみ~!

ぜひ、19日の夜はアビタへお出かけください。

19:00~ 20:00~ 21:00~の3ステージ。
MC無料!

いい音楽とワインと食事…
お待ちしております!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。