今日はスペイン リベラ・デル・デュエロ

いよいよ本格的な秋。
天も高く、気温も下がってきて・・・
いよいよ赤ワインを本気でお勧めできるシーズンとなりました。
と言うことで、本日はこちら。FBでは先日もお勧めしましたが、ブログでも。

Antidoto 2010 Ribera del Duero
 アンティドート リベラ・デル・デュエロ ¥5800
アンティドート

葡萄は「ティント・フィノ」=巷で言う「テンプラニージョ」。
標高1000mの畑は、フィロキセラの害を逃れた古木がいっぱい。
アンティドート2

いいですね~。この、ひん曲がってごつごつした樹と、
乾燥してそうな、ごろごろ石を見るだけで、よだれが出そう。

アンティドート1

しっかりした骨格の、飲み応えのある1本です。

もちろんグラスでも、飲めますよ~
是非、アビタで秋の夜長をお楽しみください。

呑み助はボトルが大きいだけで嬉しがる。

「なんか得しちゃった」感がありますよね・・・
750mlのボトルでは2~3人で飲むとちょい足りない。
でも2本は多い。こんなことが結構ありますよね。

そこでこいつの登場となるわけです。

Becker Silvaner (1000ml) Pfarz
 ベッカー ジルヴァーナ  ファルツ ¥5,500
ベッカー ジルヴァーナ

ドイツ、ファルツの白ワイン。
ジルヴァーナ100%で仕込まれたこのワインは自家消費、地元消費用とのこと。
と言うことは、シャバシャバ?
と思いきやどっこい、旨味もバランスも良いではありませんか!

造り手『ベッカー』は「シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール」の名手で、
アビタでもお勧めしていたことがありますので、このラベルに見覚えがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

ベッカーの醸造所はファルツの最南端、シュヴァイゲン村にあり、フランスと国境を接しています。
なんと彼の畑は、ドイツとフランスの国境を越えて畑を所有しているのです。
ベッカー 国境ベッカー 畑
 (写真左;国境を示す石 右;ベッカーさんと畑)

これは両国の歴史的背景によるものです。
そのことにより現在ここでは、フランス内の畑の葡萄を入れても、
ドイツワインとして造ることが出来るそうです。

2カ国のブレンドも、なんか得しちゃった感、ありませんか?

今宵もアビタでお待ちしております!

ヒエ~ 赤の部だけで7種!白が5種で…

お客様が持ち込みになった「テイスティング・キット」。全12本。

テイスティングキット

来週の火曜17日におこなわれる「日本ソムリエ協会 呼称認定2次試験」
その対策の為の12本。どこかのワインスクールのチョイスしたものを、購入されたようです。

どうコメントなさるのか、とても楽しみ~

皆さん!合格へ向けて、頑張ってくださいね!

先週のセグロイワシが変身!

というほどのものではありませんが、
結構たくさん降りましたので、フリットにして、アンチョビーを仕込んで、
残りは、たっぷりのオリーブオイルに香草やニンンクをいれ、
コトコト煮込んで、オイルサーディン(コンフィ)にしました。

ということで、今宵のお勧めは、
背黒イワシのオイルサーディン ¥800
オイルサーディン

小ぶりなイワシなので、頭からがぶりとお願いします。
熱々を召し上がれ!

チリの「マテティック」から「シラー」入荷!

Matetic EQ Syrah
 マテティック イー・キュー シラー ¥6500
マテティック_シラー
先日、社長さんが来日した際、アビタへ寄っていただきました「マテティック・セラーズ」の
ラインナップに、シラーが加わりました。(FBでは御紹介しましたが・・・)

パワフルでありながら、シルキーなタンニン。
香りも味わいも、フランス・ローヌと間違えそう。
均整が取れていて、残糖感もなく素晴らしい!

是非飲んでいただきた1本です!