赤なの白なの? 旨けりゃ~かんけいないっしょ の ピノ・グリージョ

昼頃からの雨はどうかしらと表通りに出てみると・・・
あがったのか?まだ降るのかはっきりしない感じ。
明日あたりは運動会の学校もあるのではと余計な心配。
「赤勝て!白勝て!」「どっちも負けるな!」と
いい加減な声援が聞こえてきそうな季節です。

さて本日はそんないい加減な声援にも似たこのワインの御紹介。

Colli Piacentini Pinot Grigio 2010 Il Vei
コッリ・ピアチェンティーニ  ピノ・グリージョ ¥4500
イルヴェイ_ピノグリ

「イタリアはエミリアのピノ・グリージョを使った白ワインです。」
と言いたいところですが、どうしてどうしてこのワイン、
なんと!色がロゼ色なのです。
黒葡萄である近種の『ピノ・ノワール』なら、『ブラン・ド・ノワール』
といって淡く色付いたものがありますが、
『ピノ・グリ』で本当にこんなワインになるのかしらん。

しか~しですよ、味わいは私的には「超旨いじゃゃない。」
ホンワカフルーツの中に皮のニュアンスとミネラルが控えめに存在。
じんわり系なのにあっという間に一本飲んじゃいそう。
(って「このあいだもペロリと飲んじゃっていたじゃあないかと」天の声が聞こえます)

ロゼでも白でも旨けりゃよいですよねっ、皆様
あやしさはアビタ級のワインでした。

今日のアビタのお勧めから
「沖縄 あぐ~豚の 自家製ボンレスハム ¥1000」
「鴨と豚のリエット ¥600」
などの肉をお相手にしてもGOODでしょうねえ。

今日のお勧めは チャールズ&チャールズの アメリカン・ロック♫! ではなくて・・・

やんちゃな二人のアメリカンが写るこの画像は
CDの新譜の紹介?とも見えますが、
こちらは、ワシントン州コロンビア・ヴァレー。
その名も二人のファーストネームをつけた赤ワイン。
“Charles and Charles” Cabernet Syrah '10 Colombia Valley
 チャールズ・アンド・チャールズ カベルネ/シラー ¥5000チャールズ
バックラベルもはいこのとおり、ロックしてます!
チャールズBL
二人の御紹介を簡単に。
右側のロックギタリスト風な男は、K ヴィントナーズなどを営むチャールズ・スミス。
そしてDJ風(ちょいムリムリ?)の左は、スリー・シーヴズや
ビーラー・ペール・エ・フィスなどを営むチャールズ・ビーラーが。
そう、この二人のタッグで2008年に立ち上げた新ブランドのワインです。

実際、スミスはヨーロッパで活躍した(と言うふれこみ)ミュージシャン。
独特のラベルでいつも楽しませてくれるアーティストなのです。

さて肝心のワインのお味は・・・
意外にも赤いフルーツを感じさせる、柔らかな味わい。
シラーから来るのか、スミレの香りとスパーシーさが潜んでいます。

昨日の寒さはなんだったのよ? =アビタ本日のお勧めワイン=

太陽がある朝はいいですねえ。
朝近くまで飲んでいたにもかかわらず、元気に出動です。

さて本日の一押しワインはこちら。
イタリアはエミリア=ロマーニャのピノ・ノワール。
いや、イタリアだから「ピノ・ネッロ」でした。

Casé Riva del Ciliegio '03 Alberto Anguissola
カゼ リヴァ・デル・チリエージョ アルベルト・アングイッソラ ¥6,800
チリエージョ2003

2003年物が、落ち着きが出て良い感じになってきました。
程よいタンニンは甘味をおび、柔らかく。
飲み頃と言っても過言ではありません。
今日の陽射しのように、ホンワリと幸せになりそうな味わいのワイン。

しとしと雨の寒ーい一日。ライヴの歌声で心温めてお帰りください。

やっと咲き始めた『ニシキウツギ』この気温ではまだぽつぽつ。
ニシキウツギ2012
明日からはまた夏日だそうですので、いっぺんにさくかしらん。

さて、アビタ本日は『ライヴ・デー』。
『ちゅうま けいこ』が、シルキーヴォイスで貴方の心をほんわかに。
アビタのワインとお料理とともに、お楽しみください。

19:00~ 20:00~ 21:00~ の3ステージ。
ミュージックチャージ無料! お気軽においでくださいませ。

あやしきわいん屋 アビタ に あやしいワイン入荷!

さて向かって左は『インド』。
Sula Zinfandel 2008 スーラ ジンファンデル  ¥4,500
右は『ブルガリア』
Enila 2008 エニーラ ¥5,500
スーラ_エニーラ1
未知のワイン、まだまだありますなあ。

今までは、なにか際物のようで敬遠していた私。
『旨けりゃ何だって来い!』と公言していた私としては、
なんと臆病者の、既成概念の塊だったことかと反省しごく。

イヤーびっくりしました。結構イケているじゃあありませんか!

勿論インドだからって、スパイシー・カレー風味であるはずも無く、
ブルガリアだからってヨーグルト風味ではありません。って当たり前。

インドのジンファンデルは、「ジャミーな・・・」と書いてありますが、綺麗な仕上がり。
赤い果実の雰囲気が素敵。グビグビイケます。

ブルガリアは結構しっかり。黒い果実のフィーリング。カラメル。
本格派の赤ワインです。

是非アビタにて『未知との遭遇』をお楽しみください。