みんなちがて、みんないい 新着自然派「ピノ・ノワール」

「みんなちがって、みんないい」と謡ったのは、
大正から昭和の初期にかけて作品を残されている、童謡作家の
『金子みすゞ』さんですが、
最近出会った『ピノ・ノワール』たちがまさにそれ。
ピノピノ

どれも個性があり、どれもいい(旨い)んです。
もちろん、甲乙なんて私にはつけられません。

右から、
 可愛いエチケットそののままに「三人の人」と名付けられた、
 フランスのど真ん中、オーヴェルニュのワイン。彼の人柄がワインに映って・・・
3 Bonhommes ('09) Vincent Tricot, Auvergne
 トワ・ボンノム ヴァンサントリコ ¥6,200

 アビタでも人気のアルザスの『ビネール』。彼の08ピノは以外にしっかり。
Alsace Pinot Noir Non Filtre '08 Binner
 アルザス・ピノノワール ノン・フィルトレ ビネール ¥6,200

 そして3、4番目は前回のワイン会でもおだしした、
 イタリア、エミリアの『アングイッソラ』。
 08はパワー全開!ぺティヤンでシュワーっと。02は落ち着いて、熟成間が。

Casé Riva del Ciliegio Frizzante '08 Alberto Anguissola
 カゼ リヴァ・デル・チリエージョ フリザンテ アルベルト・アングイッソラ \5,900

Casé '02 Alberto Anguissola
 カゼ アルベルト・アングイッソラ エミリア ¥6,900

ワイン好きが集まったら、4本比べて飲んでみるのはいかが?

各ワインについて、詳しくは来週に御紹介するつもりです。
お楽しみに。

あやしいワイン会 出場者決定!

1/20(木)あやしいワイン会
「イタリア自然派色々」はこのようなラインナップで開催します。
(スパークリングの画像が入っていませんが・・・)
イタリア自1
Prosecco Sur Lie Brichet '09 Casa Coste Piane, Veneto
  プロセッコ シュール・リー カーサ・コスタ・ピアーネ
 1500年以上もブドウ栽培の歴史のある生産地。
 古樹のプロセッコに少量混ぜたリースリングは独創的。造り手の趣味。
Bianco dei Muni'08 Daniele Pitchinin,Veneto
  ビアンコ・デイ・ムーニ ダニエーレ・ピッチニン
 先週のブログでお勧めした、ヴェネトのシャルドネ。
 若干の白濁していますが、フレッシュ!うまいワー。
Il Second '07 Pacina, Toscana
  イル・セコンド パーチナ、トスカーナ
Orcia Rosso '09 Santa Maria, Toscana
  オルチア・ロッソ サンタ・マリーア、トスカーナ
 ③④とも、トスカーナの主要品種「サンジョヴェーゼ」。
 なのに、この違いは何だ!
Casé '02 Alberto Anguissola, Emilglia Romagna
  カゼ アルベルト・アングイッソラ、エミリア=ロマーニャ
 熟成感のでてきた「ピノ・ノワール」。凄いやつです。
 「ピノらしくないなあ」と言う方もありますが、私はそんなことないと思います。
Vigna del Noce '99 Trinchero, Piemonte
  ヴィーニャ・デル・ノーチェ トリンケーロ、ピエモンテ
 100%バルベーラだと馬鹿にしてはいけません。
 栗の大樽で7年間熟成という、つわものです。 

こりゃ、妖しいやつばかり揃いも揃って・・・

今回のワイン会、日取りが悪いのか・・・まだまだ募集中!
是非御参加ください!

お食事も付いてこのお値段はお得でっせー。
________________

第16回 アビタあやしいワイン会『イタリア自然派色々』
日時 ; 1月20日(木)19:00~
会費 ; 8,000円 (ワイン6種以上、お料理、税含む)
       *当日現金にてお支払いください
場所 ; エスカール アビタ escale Habitat
千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルB1
       TEL 03-5221-8875

申し込み方法 ; アビタ味岡までメールにて申し込みくださいませ。
申し込みはこちらへ ; escale-habitat@jazz.odn.ne.jp
    (お客様の御都合によっては、お電話での予約も承ります)


『ねんき』より『センス』と『情熱』 Bianco dei Muni  Daniele Pitchinin

何事を成すにも「経験(修行)」。つまりあまり短くない長さの「時間」が必要と考えられますが、
この人たちを見ていると、「そんなもの要らんのじゃあないか?」

Bianco dei Muni 2008 Daniele Pitchinin
ビアンコ・デイ・ムーニ ダニエーレ・ピッチニン ¥5,800
ムーニ

共同経営者としてレストランをもち、
自らもソムリエとして働いていた「ダニエーレ」は、
何を思ったか、その権利を売却。
ワイン造りを始めたのが、2006年。

このワインは2008年産。
それでいてこの味わいにはビックリせざるを得ません。

畑では『ビオデナミ』を実践。SO2無添加。
若干白濁しておりますが、香りも味わいもフレッシュ感がみなぎっています。
ミネラルも充分。
「自然派好き」ではなくとも、普通に美味しく召し上がっていただけます。

場所は、イタリア、ヴェネト。「ソアーヴェ」が近いといったらいいかしら。
当店でもお召し上がりになっていただいた方もある、
『サッサイア』のアンジョリーノ・マウレを師と仰いでいるそうです。
(醸造は、アンジョリーノのセラーでおこなっているそうです。)
葡萄は、シャルドネ80%に、地の品種ドレッラ20%。

しかし、「レストランの経営者」で「ソムリエ」から、
「畑」をもって「ワイン造り」・・・
同じ境遇の、私にも出来るのかしら?・・・
いや!出来ますとも!やりますとも!

必要なものは『情熱』『センス』のみ!

もう一つの寓話 La Favola

Eloro Pachino "La Favola" '07 Gurrieri
エローロ・パキーノ ラ・ファーヴォラ グッリエーリ ¥6,000
ファヴォラ

昨年末にお勧めした『Le Fole』と同じ寓話と言う名を持つワイン。
こちらは、同じ南部イタリアでも『シチリア』産。

寓話と言うからには、何か教訓があるのではと『イソップ』をぱらぱら・・・
エチケットのイメージは、暗闇の中航海を続ける帆船。
船に関するものはあるかしらん?

<船主と船乗り>
船主がある時海に乗り出してみたが、嵐で参ってしまった。
船乗は嵐のため漕ぐ手を緩めると、船主が
「お前たち、船をもっと速く走らせないと、石を投げつけるぞ」と言った。
そこで船乗の一人が言うには、
「石が拾える所に居たいくらいだ」
(より重い損害を避けるために、軽微な損害を耐えるべきなのだ。)

これは、ちがうなあ。

続きまして
<海辺を歩いている旅人>
海辺を歩いていた旅人たちが、高い岸壁に登り、海を見渡した。
すると、彼方に大きな船が見えた。
旅人たちは、船が入港するのを一目見ようと待つことにした。
しかし、船が風に流され、岸に近づくに従い、それは、単なる小舟であることが分かった。
それどころか、小舟が浜に漂着した時には、木の束となっていた。
(希望的観測は、裏切られるものと、相場が決まっている。)


こちらは、良いかも・・・
「概念」ではなく「実際に触れて(飲んで)感じて」判断せよ!

テイスティングノートは続きに。

続きを読む »

あやしいワイン会 第一弾

松の内も今日限り。
正月気分とも、そろそろオサラバ。
「アビタ」もアイドリングから、エンジン全開へ。

早速、2011年初っ端のワイン会のお知らせです。

テーマは『イタリア自然派色々』

美味しいのに、あまり触っていなかった「イタリア自然派」。
フランスのものは、ワインに対する考え方や、取り組みがはっきりしており、
私にとって解り易く、また同感も出来るのですが・・・
一方イタリアの方々は、「直感的」というかまちまちで、
「去年はこうだったのに、何で今年はそうするの?」という問いに、
「いいと思ったからさ」とあっさり。
でも実際飲んでみると、やっぱり「旨い!」

そんな状況の中、昨年より新しいインポーターさんとの出会いがあり、
必然的に、美味しい「イタリア自然派」により多く出会いました。
このワインたちとの出会いを、皆様にお伝えしたいのです。

「美味しい」「嫌い」は皆様お一人お一人が判断することです。
是非この機会に、皆様にとっての「新しい感覚」を芽生えさせてください。
________________

第16回 アビタあやしいワイン会『イタリア自然派色々』
日時 ; 1月20日(木)19:00~
会費 ; 8,000円 (ワイン6種以上、お料理、税含む)
       *当日現金にてお支払いください
場所 ; エスカール アビタ escale Habitat
千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルB1
       TEL 03-5221-8875

申し込み方法 ; アビタ味岡までメールにて申し込みくださいませ。
申し込みはこちらへ ; escale-habitat@jazz.odn.ne.jp
    (お客様の御都合によっては、お電話での予約も承ります)