スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も天気は・・

habitat-logoジプシー(Gitans)の天気(Temps)?
雨が降るは、風も吹く。こんな日の夜は、陽気なワインでいきましょう。
ジタン

しかしまあ、なんでしょうね・・この色使い。
実際のエチケット(ラベル)は、蛍光ピンク(写真がつたなく、オレンジがかってしまっています)。
ギターを弾いているやら、踊ってるやら。見ているだけでこちらも陽気になって、踊りだしそうに。

向かって左はギターを抱えて陽気に歌う、兄貴のピエリー・ジュリアン。
実際彼は、ジプシーギターを弾くそうで、先日の来日の際お会いすると、
「ジャンゴ・ラインハルトは知ってるかい?マヌーシュって解る?」
仕舞には、「一緒にジャムろうよ・・・」と一緒に来ていた、プロヴァンスのミランと
3人で盛り上がり・・。「来年日本に来たときには、3人でやろうぜ!」と別れました。
エチケット左の方が、弟君だろうと勝手に思っておりましたが。
どうも、似ていない?。「これは貴方かい?」と聞いてみると。
「ノン。それは友達さ」と、おとなしそうなパスカルが答えてくれました。
そのしぐさに、ワインを造るのは主に彼だなと、確信を持ったような勝手な想像。
お二人とも、「ジプシーな時間に楽しんでワイン造ってます。」って感じかしらん。

ル・タン・デ・ジタン
Le Temps des Gitans   Mas de Janiny
(アビタで飲むと ¥3,950)
色調よりは、実際口に含むと軽やかな、スルスルと次第にジャブジャブと飲めるワインです。


*Le Temps ;表題では天気と書きましたが、ここでは時間。「ジプシーの時(とき)」です。
 エミール・クストリッツァの映画に、仏名「Le Temps des Gitans」、
 英語のタイトルは「Time of the Gypsies」というのが、ありましたね。
 ミュージカルにもなったような。



スポンサーサイト

Tag : ラングドック マヌーシュ

鬱々する雨は、しとしと降って

う~む。気分がいまいち。 そんな朝。
habitat-logo仙台からオーガニック野菜
少量ですがとどきました。
ラディッシュの葉には、虫さんへのおすそ分けの小さな穴。
瑞々しく美味しそう! さあ、試食、試食。
(ただ今、お試しの段階ですのでお店でお出しするのは御容赦ください。)
有機野菜

雨の日の、ちょっと嬉しいことでした。

habitat-logoこちらもオーガニックな・・・
このワインは、ロゼ?それとも酸化しちゃってるの?
Biinner_1
いえいえ。
実はこのワイン、黒ぶどうのピノノワールから造られた、アルザス白ワインです。
その名も 「ブラン・ド・ノワール」
造り手のビネールによれば、白ワインの手法で造ったんだから、白ワインです!
とのこと。どこはかとなく、タンニンのイメージがちょろりと・・。
でもフレッシュ。ギーンと冷やして飲みましょう。

クリスチャン・ビネール アルザス ブラン・ド・ノワール 2006
(アビタで飲むと ¥6,500)

Tag : アルザス 白ワイン オーガニック 野菜

爽やかな・・・

昨年植えた自宅のラベンダーが今朝
かわいらしい薄紫の花弁を広げました。
なにか良いことあったやうな、爽やかな朝です。
ラベンダー

ラベンダー色のワインは現在見当たらず・・・そうだ
爽やかさんで行こう!(写真はどう見ても爽やかとは遠い。うーむ・・ムズカシ、ムズカシです。
ではこれでいこう!

フェリーヌジョルダン ピクプール デ ピネ 2007
(Habitatで飲むと ¥4,800)
felines

ラングドックの地中海に面した海岸にあるトー湖近く。
近隣にはモンペリエやカキの生産が盛んなブジーグ村。
このあたりでは、牡蠣にはこのワインだそう。
ぶどうはピクプール。名前は直訳すると「唇を刺すもの」という意味であり、強い酸味が由来とか。
しかしフェリーヌ・ジョルダンのこのワインは、酸はシトラス(柑橘)。
エネルギッシュでありながら、爽やかな印象。

Tag : ラングドック 白ワイン ベランダ

幸せなワイン

habitat-logo私が好きなこと・・・・

休日の朝ビール。ほんとに旨い!
  シャンパーニュを飲めればもっといい。

真夏の暑い日に、木陰で見る白い雲と海。場所は「奄美大島」が最高!
  寒いのは嫌い・・・でも白銀世界のスキーは下手でも好き。

こそこそとやる、小さな動植物の観察。特に今はウミウシが見たい!

いい音楽。クラッシックも好き。ジャズも好き。
  でも、聞くことよりもやる方がすき。下手でも何でも「やったもの勝ち」と考えます。

気の知れた少人数(どんなに多くても5人まで)で飲むお酒。
  それも朝まで延々と。
    ワインでも焼酎でも紹興酒でもお酒なら何でも可。

手ごろで旨い幸せなワインを探すこと。(これは私の仕事の命題ではありますが)
  ボルドーの一級であるとか、ブルゴーニュのロマネ・コンティーに代表されるような
  偉大なワインを飲めば「すごいなあ。素晴らしい」と、感動することになるでしょう。
  
  でも私が探すのは、誰でもが幸せになることが出来る気さくなワイン。
  「幸せはすぐそばにあるはず」と歌われたように。


Espiers

コート・デュローヌ ドメーヌ・デゼスピエ
  柔らかいタンニンと程よい果実味があり、飲み飽きしません。
  私にとって、毎日のように飲みたい幸せワインの優等生。

Tag : ローヌ 赤ワイン マイ・フェヴァリット

アビタブログ はじめました!

habitat-logoはじめまして、アビタの味岡です。
kaze

美味しいワインや料理、そのほか色々・・・・
東京、丸の内のワインレストラン「エスカール アビタ」より、お伝えしようと思っています。
貴方のワインライフに、新しい風が吹きますように。

Tag : ラングドック ピノノワール 赤ワイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。