スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018戌年アビタ遅ればせながら始動!そして 1/24新春ワイン会のお知らせ

少々長いお休みを頂戴しましたアビタも、本日9日より始まりました。
今年は戌年だけに『わん!ダフル』なワインを楽しんでいただけますよう、頑張ってまいります。

さて、年末のメールでもお伝えしたイベントですが、お忙しい時期でしたので再度ご案内させていただきます。

<1/24(水)『清水博士の2018新春ワイン会』のお知らせ>
ワイン会2018_01ローヌ

今回のテーマは「コートデュローヌ」。
生産量のが多く、気軽な美味しいワインが多いのですが、それだけではありません。
単一のブドウで造られることの多い北部ローヌには、ヴィオニエ種から作られるコンドリュ―、シラー種から造られるコートロティやエルミタージュ。
数種類のブドウをブレンドする南部ローヌにはシャトーヌフデュパプやジゴンダスなど素晴らしいワインも少なくありません。
今回は白の代表として素晴らしい造り手タルデュー・ローランのコンドリュー。
そして北部の赤からはやはり優れた造り手シャプティエのエルミタージュとすぐ隣のクローズエルミタージュの比較。
そして南部のシャトーヌフデュパプから13種のブドウを使う唯一といっていい造り手であるシャトードボーカステルの2007年と2000年における熟成の比較を楽しんでいただこうと思っています。

●━━━━━━━━━━━●
『清水博士のワイン会@Habitat』
日時 ;1月24日(水) 19:00~
会費 ;8,000円 (ワイン、お料理、税含む)
     *当日現金にてお支払いください。
場所 ;エスカール アビタ escale Habitat
千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルB1

申し込み方法 ; アビタ味岡までメール又は電話にて申し込みくださいませ。
申し込みはこちらへ ; escale-habitat@jazz.odn.ne.jp
            03-5221-8875
スポンサーサイト

桜も咲いて、新年度。 アビタのおすすめワインと

週末は自宅近所の野川へちょいとお散歩。
桜_野川①
まだまだ三分咲き程度でしょうか。
桜_野川②
最も咲いていたのは、大島桜。

さあ今日から新年度。
アビタのおすすめワインはこちら。
白い花と桃を連想させる香りの、シチリア産白ワイン。
キーマ
Possente Kima IGP Siciriane  \4,500
華やかにまいりましょう!
今宵もアビタでお待ちしております。

3/14 清水博士のワイン会@habitat 開催のお知らせ!

夜はまだ寒いものの、日中は20℃になる日もあり、
梅も咲いても鶯は鳴かないけれど、もうすぐ春ですね。

さて、今日はアビタ人気のイベント『清水博士のワイン会』開催のお知らせです。
3/14(火)19:00~ 限定40名様です!

テーマは「ボルドー」 
ワインは、昨年11月にPHP文庫から発売された『科学者が書いた ワインの秘密』の著者、
清水健一博士のチョイスで6種類のワインを、アビタのお料理とともに楽しんでいただきます。

パヴィヨンルージュ

白1種、赤5種。その中には日本のカベルネも一種類。味わいの違いを感じていただきます。
そして、最後の2種では同一銘柄のヴィンテージ違い。
シャトー・マルゴーのセカンド「パヴィヨンルージュ」の2006年と,
非の打ちどころのないヴィンテージと言われる1990年の比較で、
一昨年からのテーマ『熟成の神秘』を味わっていただこうと思っております。

ご予約は先着順ですので、お早目のご連絡をお勧めします。

=====================

『2017 清水健一博士のワイン会@アビタ<春の陣>ボルドー』

日時 3/14(火)19:00~

会場 丸の内 エスカール アビタ
    千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビル新館B1

会費 お一人様 8,000円(ワイン、料理、税等含む)

ご予約、お問い合わせ先
  電話  03-5221-8875
  メール escale-habitat@jazz.odn.ne.jp

<予定ワインリスト>
①ミシェルリンチ・レゼルヴァ・ブラン
②サントネージュ エクセラント・カベルネ・ソーヴィニオン・渡辺畑収穫
③シーラー・マルゴー・プライベートリザーブ
④シャトールデンヌ・ルージュ
⑤2006 パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー
⑥1990 パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー

清水博士の新刊 『ワインの秘密』好評発売中!

アビタのワイン会でおなじみの農学博士「清水健一」先生の新しいワイン本が、PHP文庫から11/4に発売されました。

『科学者が書いた ワインの秘密』 清水健一著 \660(税別)
ワインの秘密

ロングセラーになっている『ワインの科学』に次ぐ第二弾です。
文庫本ですので、価格はお気軽! 内容はみっちり重量級!
とても読みやすく、ワイン初心者にもOK

ぜひ書店にて手にとって、お買い求めください!

アビタにても販売中!

この白は凄い!! 旨すぎ~

今日はスロースタート?のアビタです。
まだまだお席ございますので、お仕事帰りにちょいと…

で、飲んでいただきたいのがこちらの白ワイン。
スペインはリオハの産まれです。

Bodegas Lacus 2013 Inedito Turrax
イネディトFT

イキイキした酸は柔らかく、旨味満載。なんなんだこいつはたまげた~♬
標高が高い畑だからなのか、フレッシュ感もあります。
今日からグラスでもOK!
飲まなきゃ損損。

リオハの古い品種マトゥラナとトロンテスを半分づつ。卵形のタンクで約1年半熟成。

イネディトFT2
鎌のデッサンが良いですね~♬
畑仕事に誇りを持ってるんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。